温泉水99の効果とは?メリットデメリットがこれ【特徴・違い】

温泉水99

天然水選びで迷ってると、ちょこちょこ目にするのが、この「温泉水99」という評判の商品。


「温泉水99ってよく聞くけど、他と比べて何が良いの?」

このように疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?


そこで、今回のページでは…↓↓

✓「温泉水99の特徴(効果・メリットデメリット)」について紹介していきます。


「温泉水99は他と何が違うのか、ざっと特徴を知りたい…」

こんな方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください


初回限定!最安値!


温泉水99とは?

温泉水99とは、鹿児島県・桜島の火山地帯を水源とした天然水のことです。(※鹿児島県垂水温泉から湧き出している。)

地下750mというとても深い地点を水源としているため、いくつもの地層でろ過され、さまざまなミネラル分が含まれているのも特徴です。

温泉水99の販売会社は「エスオーシー株式会社」という鹿児島県に本社を置く企業になっています。(※東京などにも支社がある。)


また、温泉水99は受賞歴も多く、「モンドセレクション4年連続“最高金賞”受賞世界食品審査会で最高賞を受賞…」など、世界的な賞をいくつも獲得している実績のある飲料水になっています。

(※有名雑誌など、さまざまなメディアでも紹介されている。)


「温泉水」とは、自噴する地下水のうち、ミネラルを含んだ水温が25℃以上の水を指します。

(※ちなみに、25℃未満を「鉱泉水」と言います。)

そして、今回紹介している温泉水99は、水温47度で湧き出る天然のアルカリイオン水となっています。


〇温泉水99の「効果・特徴(メリット)」って?

ではここから、「温泉水99の特徴(効果・メリットデメリット)」について紹介していきましょう。

「他の温泉水との違いは何か?(温泉水99独自の強み)」などもあわせて解説していきますので参考にしてみてください。


❶:「天然水100%」(ナチュラルミネラルウォーター)


まず、温泉水99の特徴(メリット)として、

⇒「天然水100%で作られたナチュラルミネラルウォーター」という特徴があります。


日本ではさまざまな水が販売されていますが、実はミネラルウォーターとして販売されている水でも×天然水100%じゃない×商品もあります。(※普通の水にミネラルを添加した商品など)

ですので、天然のミネラルをしっかり補給したい方は、成分表示などに注意しながら購入することが必要です。


ですが温泉水99の場合、地下750mという深層から湧き出してきた「天然水100%の温泉水」を使用しているので、天然のミネラル分がたっぷりと含まれています。

そのため温泉水99には限りがあり、とても希少価値の高い温泉水となっています。


❷:「超軟水(硬度1.7)」で、体への負担が少ない!


また、温泉水99の特徴として、

⇒「硬度1.7の超軟水なので飲みやすい!」というメリットがあります。


温泉水(天然水)は、大きく分けると2つのタイプがあります。

それが「軟水」か「硬水」かという違いです。

(※硬度が高いと硬水、低いと軟水と呼ばれます。硬度は“マグネシウム・カルシウムの含有量”で決まります。)

硬度の違いでそれぞれ成分量も変わってくるため、効果も違ってくるわけですが、「軟水・硬水の違い」を簡単にまとめると、以下のようになります。

↓↓

「軟水・硬水」違い

  • 硬水
    • カルシウムとマグネシウムの含有量が多い
    • 飲みにくい
    • 体への負担が大きい
  • 軟水
    • 硬水と比較すると、カルシウム・マグネシウムの量は少ない
    • 飲みやすい!
    • 体への負担が少ない!



「硬水のほうが“カルシウム・マグネシウム多い”し、体に良いんじゃ…」

と思った方も多いかもしれませんが、これは少し注意が必要な点です。


というのも、硬水はミネラル(カルシウム・マグネシウム)が多い分、体への負担も大きいのです。

もっと具体的に言うなら、硬水は「下痢」などの症状が起こりやすい…というデメリットがあります。

もちろん、硬水は効果も早く出やすいというメリットはありますが、飲みにくく続けにくい…というのが最大のデメリットなんですね(^^;


そして、温泉水99は「超軟水(硬度1.7)」という特徴がある天然水。

つまり、飲みやすく、体への負担が少ない(続けやすい)という、とても大きなメリットがある温泉水ということです。


❸:「高アルカリ性(PH9.9)」で、酸化ケアに最適!(アンチエイジング)


他にも、温泉水99の特徴(メリット)として、

⇒「PH9.9の高アルカリ性なので、体内の酸化ケアに使える!」といったメリットもあります。

(※「水道水」の平均PHは6~7前後)


温泉水(天然水)には、先ほど紹介した“硬度”以外にもう1つ重要なポイントがあります。

それが「PH値の違い」です。

(※「PH値」とは、溶液の酸性・アルカリ性の程度を示します。)

温泉水(天然水)を選ぶ際、この「PH値」が“酸性かアルカリ性か”という違いで効果も大きく変わってきます。


そして基本的に、温泉水(天然水)を選ぶ時は「アルカリ性の水」がおすすめです。

というのも、人間の体内は“弱アルカリ性”になっており、ストレスや疲れなどが溜まると酸性に傾きやすくなるからです。

酸性に傾くと、肌・髪・体調などに悪影響を及ぼしやすく、酸性の体が長引くと“老化”が早まってしまうとも言われています。

ですので、定期的にアルカリ性の水をを飲んで、体の酸化ケアをしていくのが健康的な生活・アンチエイジングには重要となってくるんです。


また、温泉水99の場合、PH9.9という驚異のアルカリ度を記録しているので、酸化ケアなどアンチエイジングにはおすすめの温泉水(天然水)と言えるわけです。

(※アルカリ性の天然水の“平均は8~9前後”が多い中でこのPH値はかなり珍しいです。)


❹:「粒子が細かい」ので、体にスーッと浸透!


温泉水99のメリットを紹介する上で忘れてはいけないのが、

⇒「粒子が細かいので、体に浸透しやすい!」というメリットです。


実は、水の粒子サイズは水の種類によって差があり、小さいほど細胞への浸透率が高くなる!と言われています。

一見、水の見た目はどれも同じなんですが、科学的に水を観察してみると、1つ1つの水粒子には大きさに差があるんですね。


実際、「温泉水99と水道水の浸透力の違い」を測定するために茶葉を投入してみたところ、水道水はお茶が出るまでに時間がかかったのに対し、温泉水99は一瞬でお茶が出た…という実験結果もあります。


つまり、温泉水99の場合、他の水と比較しても「に浸透しやすい!」というメリットがあるわけです。

(※コラーゲンであれヒアルロン酸であれ、体全体に水が巡ることで効果を発揮します。)

からだが若返る水の飲み方選び方(マイナビ文庫)

細胞と細胞の間の水分の減少こそ、肌のハリを失わせ、シワをつくる原因となるのです。(p19)


❺:「味」は雑味がなく、自然な甘み!


また、温泉水99の特徴(メリット)ですが、

⇒「味は、ほんのり自然の甘みを感じる…」という水の特徴があります。


ここで言う「甘い」は、もちろん砂糖のような甘さではありません。

表現は難しいですが、天然の温泉水からしみ出る“自然の甘み”という感じ。


温泉水99は超軟水なので、雑味がなくとても飲みやすく、水道水の代わりに“常に飲むお水としも最適”です。(※硬水は飲みにくく体への負担が大きいので、1日中飲む水としては不向き。)


❻:「使い方(飲み方)」いろいろ!(お茶・料理~化粧水まで)


温泉水99の特徴には、

⇒「いろいろな使い方(飲み方)ができる!」というメリットもあります。


種類によっては、料理などに使いにくい温泉水(天然水)などもあるんですが、

温泉水99の場合、飲み物なら「白湯・お茶・コーヒー・お酒(水割り)…」などさまざまな飲み方ができますし、料理なら「ご飯・煮物・スープ…」などで使ってみてもおいしく作れます。


また温泉水99は、粒子が細かく肌への浸透率も高いので「化粧水」なんかにもおすすめです。

(※温泉水99に含まれる、サルフェート・メタケイ酸などの成分が肌に保湿・潤いをもたらします。)


❼:公的機関にて「毎日検査」で安心!


そして、温泉水99の安心・安全ポイントとして、

⇒「公的機関で毎日検査が実施されている!」というメリットもあります。


「自然に湧き出る水って危険じゃないの?」こんな風に思った方もいるかもしれません。

ですが温泉水99の場合、第三者機関にて毎日検査が実施されているので、体への安全性は十分保障された天然水となっています。

(※温泉水99の工場は、鹿児島県知事表彰を受賞した“食品衛生優良施設”です。)


また温泉水99は、汲み上げからペットボトル製造まで“自社”で管理・メンテナンスしているため、品質には徹底している数少ない会社とも言えます。

なので、水の安全性といった点では、他社と比較してもかなり安心できるポイントですね(^^)


×温泉水99のデメリットは?

ここまで、温泉水99のメリットを中心に紹介してきましたが、温泉水99にも1つ注意しておくべきデメリットがあるんです。

温泉水99のデメリットを一言でまとめるなら、以下の点が挙げられます。

↓↓

温泉水99「デメリット」

⇒「硬水と比較して、マグネシウム・カルシウムの量が少ない!

⇒なので、「硬水より効果を実感するまで時間がかかる…

というデメリットです。

先ほど少しだけ解説しましたが、温泉水99は“超軟水(硬度1.7)”という特徴がある天然水です。

そのため、硬水の天然水よりもマグネシウム・カルシウムの含有量が少なくなり、“効果を感じるスピード”という観点では硬水よりも劣る…というデメリットがあります。


ただ、硬水の場合、マグネシウム・カルシウム含有量が多い分、体への負担が大きい!というデメリットがあるため、日常的に飲み続ける天然水としては軟水のほうが有利なんです。

(※例えば、硬水に多く含まれるマグネシウムは、便をやわらかくするという作用があるため「下痢」などになりやすいというデメリットがあります。)


また、温泉水99の場合、アルカリ値がかなり高いのでミネラルがイオン化され、吸収効率が高いというメリットがあります。

つまり、硬水よりミネラル分が少ないという軟水のデメリットを補う特徴もあるということです。

ですので、体に負担をかけず、少しずつ体をケアしていきたい方には、温泉水99は最適な飲料水とも言えます。

(※ミネラルの過剰摂取は、体に支障をきたす場合もありますので。)


なので、温泉水99の「向き・不向き」をまとめると…↓↓

×「すぐに効果を求める!」という方には向きませんが…

日常的に飲み続け、無理なく体の酸化ケア(アンチエイジング)していきたい!

という方にはおすすめの温泉水(天然水)になります。

(※特に温泉水99の場合、超軟水で飲みやすいという特徴に加え、“高アルカリ性”で酸化ケアしやすい!というのが他の天然水にはないメリットですね。)


温泉水99は、実際に飲んでみるとビックリしますが、本当に飲みやすい!ので、“続けやすい”の一言です。

粒子がとても細かいため、体全体に素早くしみわたり、肌に潤いを与えてくれます。

ですので、もし「体のケアができる天然水を探していた…」という方は、ぜひ温泉水99も検討してみてはいかがでしょうか(^^)

温泉水99公式